川崎で立ち飲みバー

川崎で出会う方法の一つに立ち飲みバーという選択肢もあります。

 

一般的な着席形式のラウンジなどと違って立ち飲みバーでは、出会いやすい特徴がいくつかあるので、お伝えします。

 

立ち飲みバーの長所

自由に移動できる

立ち飲みバーへ行くと、座るところがないので、バーの中を自由に行き来することが出来るというメリットがあります。

 

それゆえに、可愛い女の子を発見したら、何の違和感もなく近付くことも可能です。

 

近くで出会える

着席が基本のバーであると、テーブルを間にして、異性と相対することが当たり前ですが、立ち飲みバーだと、相手のすぐ横に立つことも出来ます。

 

こういった距離感が、彼女を見つけやすいポイントとなってくるのです。

 

費用対効果が良い

立ち飲みバーの場合、席に座りながら、ゆったりお酒を飲みながら、長く時間を過ごすというスタイルではありません。

 

ですから、ちょっとだけたしなむ程度でもオーケですし、一人で行っても全然かまいません。

 

さらに、座るとこがないだけ、料金体系も安くなっているので、立ち飲みバーでの費用対効果は非常に良いと言えるのです。

 

立ち飲みバーにはデメリットも

けれども、川崎の立ち飲みバーを探して出会いの場を探す人は、いくつかのことに気を付けなければなりません。

 

結構、疲れる

立ち飲みバーの場合、当然ですが、座れないので、結構、疲れます。

 

それに、人の移動が多いため、時間をかけてお酒を楽しみたい人にはおすすめとは言えません。

 

ゆっくり話すのが難しい

川崎の立ち飲みバーでも特に人気のあるところだと、かなりガヤガヤしています。

 

活気があるのは良いことだと思いますが、ネガティブな見方をするとうるさいとも言えるでしょう。

 

なので女性と落ち着いて話すのが難しくなるので、声のボリュームを上げないといけないこともあります。

 

社交性が求められる

このようなお酒の席では、結局、社交性が問われて来ます。

 

社交性がないと、立ち飲みバーへ行っても女性にアプローチしたり、親密な関係になったりすることは、それなりに大変だったりします。

 

なので、人付き合いが苦手な人は、立ち飲みバーではなく出会い系サイトを使ってみる方が良いかもしれません。